« Cyrus Chestnut『The Nutman Speaks Again』 | トップページ | Joel Frahm 『We Used To Dance』 »

Ferit Odman『Nommo』

41rc56nol7l__sl500_aa300_

Ferit Odman『Nommo』2008年録音

Brian Lynch (tp) Vincent Herring (as) Burak Bedikyan (p) Peter Washington (b) Ferit Odman (ds)

1. The Eternal Triangle
2. Nommo (one)
3. Rob Roy
4. To Wisdom The Prize
5. Tadd's Delight
6. Nommo (two)
7. Mr. A.T.
8. An Oscar For Treadwell
9. Good Times

トルコ出身のドラマー、Ferit Odmanの2管ハードバップCD。

正直ヴィンセント・ハーリングに釣られて買ったCDなんですが、非常に聞きやすいドラマーで当たりです。

ピーター・ワシントンの安定感と相まって強力なバック。

ピアニストは全く知らない方だが、同じくトルコの方らしい。

フロントはハーリングは言わずもがな、ブライアン・リンチが元気でよい。

この二人の共演は僕が知る限り初めてかな。

ブライアン・リンチっていうとフィル・ウッズバンドのイメージが強いし、ハーリングはニコラス・ペイトンやジェレミー・ペルトとばっかやってる気がする。

Ferit Odmanの采配は当たり。

お互い飲まれることなく伸び伸びプレイしてます。

 

中身なんですが、

マクリーンのThe Eternal Triangle から始まってTadd's Delight とまさにハードバッピー。

全体的にブルーノート時代のあの感じを少し新し目の解釈で、といった感じ。

ただアルバムタイトルになってるNommoは1分くらいの短さでかつ7拍子のよくわからん曲。

コマーシャルみたいなものかwww 

 

この人もう一枚アルバム出しててそちらもハーリング先生参加。

わかってるね。

というわけで珍しくドラマーリーダーの作品をピックアップしてみました。

|

« Cyrus Chestnut『The Nutman Speaks Again』 | トップページ | Joel Frahm 『We Used To Dance』 »

CD紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021358/45357237

この記事へのトラックバック一覧です: Ferit Odman『Nommo』:

« Cyrus Chestnut『The Nutman Speaks Again』 | トップページ | Joel Frahm 『We Used To Dance』 »