« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の6件の記事

Song for Abdullah (Kenny Barron , Vincent Herring)

神曲。

そして自分の卒業ソングだと勝手に認定www

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズ研後期定演のお知らせ

みなさまご無沙汰しておりますG年になりました鈴木です。

今年の後期定演は

3月5、6日(土曜、日曜)に開催します。

ぜひ手土産持ってきやがってください。

なお、M原先生があれを解禁するとの噂です。

みんな振り付けは大丈夫か!?

 

ちなみに僕もちょいちょい出させていただきます。

バンド数多くないんで酒所望。

 

ということで僕にとって、泣いても笑っても最後の定演。

みなさま暇ならぜひきやがってくださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナニが生えてたでござる事件

最近やったエロゲの話。

友達からもらっていざプレイ。

主人公はいきなり5人の女の子に猛アピールをうける。

まぁ当然ギャルゲーなんで一人選ばなくちゃならないんですが、

私はロシアンハーフで緑髪、元気っ子をチョイスしたんだ。

とりあえずグダグダプレイしてたら、合体タイムが来るわけなんだけども、

ん?

・・・ん???

んんんんんん?????

生えちょるwwwww

 

という事件があった。

どうでもいいクソくだらない話なんだけれども、一応最後までプレイしたんで続きも。

話はまた進んでその男の娘の妹も抱くことに。

彼女はキスで子供が出来ると本気で信じているような純朴。

ふーむ、と思ってたら

・・・・・ん??

コイツも生えちょるwwwwwwwwww

 

もうズーーーーン・・・ってなりますよ。

でも途中で投げ出すのはよくない、ってことで一応クリアまで行きました。

 

その二人の男の娘は母親が死んでしまっていて、例によってご都合主義。

とんでも博士が、残留思念をどーのこーのして母親を蘇らせる。

 

うんうん、まぁいい話だと思っていたら、

ん??

母親にも生えているでござるよ・・・・???

 

 

男の娘って、ここ数年のひそかな?ブームみたいですが

なんでも生やせばいいというのはいかがなものかと。

 

ちなみにさっきHPを何気なく覗いてみたら、

キャラクター紹介にきっちり

「露日ミックスの男の娘。
運動神経が超抜群で、日夜そこら中を駆け回っている。猫のような身のこなしで、狙った獲物は逃がさない。
ロシアの家族と別れ、日本の祖父母の家に居る。」

と書いてあった。。。。

 

アレですね。きっちり説明書きとか読まなきゃと思った24の新春。

おしまい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NTR・・・。

久々の更新。

やはりツイッターに頼り切ってしまってますね・・・・。

ということでバハムートラグーンというスーファミのソフト最近やってます。

20090120004111

ググると結構ヒットすると思うんですが、

某ガ○ダムシリーズのニナ・紫豚もびっくりするくらいのクソビッチが登場することで有名。

全年齢対象なのに寝取られゲーム。

本当にひどい。

主人公らはやっとの思いでヒロインを助け出す。それも主人公と愛を誓い合ったヒロインを。

なのに助け出した時にはヒロインは敵側のイケメソ将軍に夢中。

話はさらに二転三転して、その敵将軍は例によって味方になる。しかもよりによって主人公の目の前で将軍とヒロインが愛を誓ってしまう。

Bahamut_lagoon_j_0

↑このように。しかもこのあと「大人になるってこうゆうことなのよ」「あなたにもいつかわかる時が来るわ」みたいな感じで説教までくらってしまう。

あーーーあーーーあーーー・・・・・。

 

はなしはさらに進み、ヒロインに関する情報が仲間から聞ける。

「最近お姫様の部屋に将軍が頻繁に出入りしてる」
「将軍は夜になるとお姫様の部屋に来る」
「部屋からお姫様の苦しそうなうめき声が聞こえる」

当時小学3年生くらいだった僕には何の事だかあまり分からなかった。

でも今なら言える。

どう見てもセックルです。ほんとうにあ(ry

僕はNTR属性ないんでうーーーん・・・って感じですが、ムホホホホ!ってかたは是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分??

今日弟を車で塾に送った帰りに、恐ろしく奇妙な体験をした。

 

閑静な住宅街の交差点で信号待ちしてたら、赤鬼×2と青鬼×1にエンカウントしたんだ。

にこやかに見ていたら、向こうも気づいて、こっちに寄ってくる。

車の窓を開けて、「お疲れ様です!」って言ったら、無言で落花生を手渡された。とてもいい笑顔で。

ふーむ、どうしようと迷っていたら、鬼×3は荒ぶって鬼らしい振る舞いをしながら、ちらちらとリーダーらしい赤鬼1号(推定10万40歳くらい)が手招きっぽいことをしてくる。

ちなみに赤鬼2号と青鬼は結構若かったっぽい。

投げろと?

そーゆーことなのか??

向こうは一向に荒ぶるのをやめない。

ちょっと恥ずかしかったが、大声で「鬼は外、福は内!」って言いながら投げたんだ。

そしたら無言でわひゃ~~ってなりながら逃げてった。

なんだかとても心がほっこりしたんで、大声で「おつかれさまでした!」と、もう一回言ったら、鬼×3は並んでお辞儀したんだよ。

彼らは逃げてったんで10m くらい離れていたが。

偉く礼儀正しい鬼で、面白い体験をさせていただいたんだが、

お前ら、節分の日付間違えてないか・・・??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Michael Brecker - Delta City Blues

やっぱすげーーなーーー

なぜにもっと教則本を残さなかったんだ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »