« Bobby Enriquez 『Live! in Tokyo』 | トップページ | smartインテリアBOOK 2010年秋冬号 »

Steve Kuhn 『Live at Birdland』

 Steve Kuhn/Live At Birdland Steve Kuhn/Live At Birdland
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

Steve Kuhn (pf) Ron Carter (b) Al Foster (ds)

1. If I Were A Bell
2. Jitterbug Waltz
3. Two By Two
4. La Plus Que Lente/Passion Flower
5. Little Waltz
6. Lotus Blossom
7. Stella By Starlight
8. Slow Hot Wind
9. Clotilde
10. Confirmation

最近ちょっと好きなスティーブ・キューン。

昔このアルバムを買った時には、ハズレを引いちまった!と思ったものですが、何だかんだでいいアルバムだったんじゃないかと。

やはりライブ音源はいいですね。

できれば実際に見たいところですが。

メンツは面白い組み合わせですね。

2007年発売の音源ですが、ロンもアル・フォスターも健在ですね。

スティーブ・キューンといえばコルトレーン・バンドやゲッツ、ケニー・ドーハムやらいろいろ有名どころで活躍していたようですが、やはりトリオはいいですね。

エヴァンス派とか言われているのは少しだけわかる気がする。

でももっとクラシカルなイメージがあります。

 

さてさて中身ですが、ひたすらスタンダード。

でも嫌いじゃないです。

1曲目 If I Were A Bell から飛ばします!とはいえ派手さはないんですけど。ついつい楽しくなってしまうような、グッと来る演奏です。

6曲目 Lotus Blossom はバラードじゃないほうです。アル・フォスターってバッシャンバッシャンうるさいドラマーかと思ってたんですけど、まったくそんなことなかったんですね(汗 ツボりました。

7曲目 Stella by Starlight スタンダードではトップクラスに好きなこの曲。私の中で、この曲をいかにかっこよく弾けるかどうかが、ピアノトリオの良し悪しの判断材料になってたり。 いやぁ、元気なステラもいいですけど、スローで非常に味わいのある演奏です。いいとこのバーで流れてそうなww

9曲目 Clotilde ナイスワルツ!何も言うことはありません。本当になにも。完璧。

10曲目 Confirmation まさかのコンファメがラスト。これは当時相当な衝撃を受けました。イントロかと思ったらテーマだった件。今聞くと最高にかっこいい! 思わずロン・カーターも遊びまっくてしまう。そしてラストのお客の拍手がたまらん!!

 

ということで久々のスティーブ・キューン。他にも何枚か買ってみようかと。おススメあったら教えてくださいな。

|

« Bobby Enriquez 『Live! in Tokyo』 | トップページ | smartインテリアBOOK 2010年秋冬号 »

CD紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021358/36765483

この記事へのトラックバック一覧です: Steve Kuhn 『Live at Birdland』:

« Bobby Enriquez 『Live! in Tokyo』 | トップページ | smartインテリアBOOK 2010年秋冬号 »