« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の11件の記事

Sting 『Mercury Falling』

Mercury Falling Music Mercury Falling

アーティスト:Sting
販売元:A&M
発売日:1996/03/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  • Sting – vocals, bass
  • Dominic Miller – guitars
  • Vinnie Colaiuta – drums
  • Kenny Kirkland – keyboards
  • Branford Marsalis – saxophone
  • Andrew Love – saxophone
  • Gerry Richardson – Hammond organ
  • Tony Walters – vocals
  • Lance Ellington – vocals
  • Shirley Lewis – vocals
  • East London Gospel Choir – vocals
  • Kathryn Tickell – Northumbrian pipes, fiddle
  • B.J. Cole – pedal steel
  • Wayne Jackson – trumpet

1. The Hounds Of Winter

2. I Hung My Head
3. Let Your Soul Be Your Pilot
4. I Was Brought To My Senses
5. You Still Touch Me
6. I'm So Happy I Can't Stop Crying
7. All Four Seasons
8. La Belle Dame Sans Regrets
9. Valparaiso

10. Lithium Sunset

ブックオフで250円ww

スティングはCDでちゃんと聞くのがこれが初めて。

まぁ250円だからハズレでもいいや、と思って家に帰って見てみたらメンツがアツイことアツイこと。

カリウタ、ブランフォード・マルサリス、ケニー・カークランド・・・・。

やっぱり、こーゆーバンドのカリウタかっこいいなぁ。

オマー・ハキムが参加しているやつもあるらしいんで買ってみよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lee Ritenour Live @ Blue Note Tokyo

Lit002

三原君の誘いで行ってきました。withワカバ君。

いやぁよかった。

ハードバップ厨だったんだけどなぁ。

リトナーの有名どころから、ウェス・モンゴメリーの「Four On Six」、エリントンの「In A Sentimental Mood」などのジャズ・スタンダードまで幅広くやっていただきました。

しかもアンコールは「Rio Funk」!

私が唯一ちゃんと知っているリトナーの曲。

とにかくゲキアツでしたねー。

ちょいちょいリトナーが間違えて、「あ、やべぇww」って苦笑いしているのがたまらなかった。

そしてドラマーのスティックの残像がパネェ。

とにかく当たりでしたね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Larry Carlton & The Sapphire Blues Band

4909346002852

Larry Carlton (g), Rick Jackson (key), Travis Carlton (b), Moyes Lucas (ds), Mark Douthit (ts), Doug Moffet (bs), Mike Haynes (tp), Carry Green (tb)

1. Friday Night Shuffle
2. Night Sweats
3. Josie
4. Sapphire Blue
5. Minute by Minute
6. Smile & Smiles to Go
7. Just an Excuse
8. 7 for Ya'
9. Tenor Madness
10. Slightly Dirty
11. Deep Into It
12. Room 335

13. Sleepwalk

買ってしまった・・・・。

まさかのロリンズのテナーマッドネス。

そしてアンコールの335!!!

うはぁぁwwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引越し終了

今日から新居です。

手伝っていただいた、WKB氏、IKEDA氏感謝!

片付いたら、ぜひ遊びにいらしてください。

高幡近辺で終電のがした方もどーぞ。。。

とりあえず疲れすぎた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

smartインテリアBOOK 2010年秋冬号

smartインテリアBOOK 2010年秋冬号 (e-MOOK) Book smartインテリアBOOK 2010年秋冬号 (e-MOOK)

販売元:宝島社
発売日:2010/08/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

インテリア関係の雑誌を探してて、今日思わず買ってしまったwww

これは面白すぎる。

内容は意外に参考になるものもあるが、3ペ-ジに一回はネルソン・ベンチを目にするのがなんかムカつく。

特に素晴らしいのが、【あの娘が終電前に帰ってしまった理由はコレ~お部屋デートのNGチョイス、教えます】

というコーナー。

面白いwwwww

ジャズ犬なら下手なギャグ漫画より楽しめます。

これがリア充(♀)か!と感動すら覚えました。

とりあえず、ウッド調の部屋+観葉植物+間接照明。

リア充(♂)の鉄板みたいですね。

 

ジャズライフ、スウィングジャーナル、文芸春秋以外で買った雑誌はこれが初めてだったりwww

いやぁ、これを機にほかのリア充っぽい雑誌も読んでみたいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Steve Kuhn 『Live at Birdland』

 Steve Kuhn/Live At Birdland Steve Kuhn/Live At Birdland
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

Steve Kuhn (pf) Ron Carter (b) Al Foster (ds)

1. If I Were A Bell
2. Jitterbug Waltz
3. Two By Two
4. La Plus Que Lente/Passion Flower
5. Little Waltz
6. Lotus Blossom
7. Stella By Starlight
8. Slow Hot Wind
9. Clotilde
10. Confirmation

最近ちょっと好きなスティーブ・キューン。

昔このアルバムを買った時には、ハズレを引いちまった!と思ったものですが、何だかんだでいいアルバムだったんじゃないかと。

やはりライブ音源はいいですね。

できれば実際に見たいところですが。

メンツは面白い組み合わせですね。

2007年発売の音源ですが、ロンもアル・フォスターも健在ですね。

スティーブ・キューンといえばコルトレーン・バンドやゲッツ、ケニー・ドーハムやらいろいろ有名どころで活躍していたようですが、やはりトリオはいいですね。

エヴァンス派とか言われているのは少しだけわかる気がする。

でももっとクラシカルなイメージがあります。

 

さてさて中身ですが、ひたすらスタンダード。

でも嫌いじゃないです。

1曲目 If I Were A Bell から飛ばします!とはいえ派手さはないんですけど。ついつい楽しくなってしまうような、グッと来る演奏です。

6曲目 Lotus Blossom はバラードじゃないほうです。アル・フォスターってバッシャンバッシャンうるさいドラマーかと思ってたんですけど、まったくそんなことなかったんですね(汗 ツボりました。

7曲目 Stella by Starlight スタンダードではトップクラスに好きなこの曲。私の中で、この曲をいかにかっこよく弾けるかどうかが、ピアノトリオの良し悪しの判断材料になってたり。 いやぁ、元気なステラもいいですけど、スローで非常に味わいのある演奏です。いいとこのバーで流れてそうなww

9曲目 Clotilde ナイスワルツ!何も言うことはありません。本当になにも。完璧。

10曲目 Confirmation まさかのコンファメがラスト。これは当時相当な衝撃を受けました。イントロかと思ったらテーマだった件。今聞くと最高にかっこいい! 思わずロン・カーターも遊びまっくてしまう。そしてラストのお客の拍手がたまらん!!

 

ということで久々のスティーブ・キューン。他にも何枚か買ってみようかと。おススメあったら教えてくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bobby Enriquez 『Live! in Tokyo』

1207058806_cover

1. Killer Joe
2. Airegin
3. After Hours
4. Meditation
5. Misty
6. Groovin' High
7. Ain't Misbehavin/Honeysuckle Rose
8. Holiday for Strings
9. Donna Lee
10. Bluesette
11. Confirmation
12. Del Sasser
13. Could It Be Magic
14. Softly, As in a Morning Sunrise

15. Scrapple from the Apple

 

リッチー・コールの相方、肘鉄奏法名手として名高いボビー・エンリケス様の東京でのライブ盤。

亡くなってしまったのが非常に悔やまれます。(1943–1996)

しかっし、結構拒絶反応みせる人が多いようですね。

こんなにイカしてるのにww

まぁイカレてもいるんですけどね。

内容ですが、ほぼスタンダード。

なんで、ようつべに上がっているのをある程度うpしてこうかな。

エンリケス様のスペイン!

このアルバムはそのうちに絶対買う!

リッチー・コールバンドのヤードバード組曲。

ブルース・フォアマン、リッチー、エンリケス様とスター勢ぞろいですね!

個人的には、それぞれバーンスタイン、ジョシュア、メルドー的ポジションにいたと信じています。

このライブDVDは持ってるんですが、全部秀逸!

なにより動いてるエンリケス様やリッチーが見れるのは素晴らしい。

ちなみに消されてしまいましたが、コンファメーションをやってるリッチーバンドのエンリケス様はひと際、肘鉄が輝いております。

こーゆーアーパー・ビバップやる人いないかなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

買ったもの。

①オークスCDストッカー(DVDストッカー) CS924Dダーク 

http://www.netvalley.co.jp/fs/honten/0000000687/cs924-d

13782_1_expand

ここが一番安かった気がする。23800円ナリ。

CD924枚収納可能で、 幅80.0×奥行26.5×高さ197.5cmというサイズが邪魔にならずによさそう。

 

②ONKYO の GX-100HD(B)

4961330023793_d

http://onkyodirect.jp/

のアウトレット品19800円ナリ。

前々から欲しかった。

正直オーディオの良し悪しはあまり分からないけど、このくらいのランクなら十分??

お金がたまったらサウンドボードとインシュレーターでも買おうかな。

物欲が止まらない。

あとはPC用デスクとチェアーだ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家晒し。

カーテンの採寸をしに。

↓外観①

Cimg3220_r

↓外観②

Cimg3221_r

↓私の部屋①

Cimg3229_r

↓私の部屋②

Cimg3230_r

ベッドの位置が決まらない・・・・。

PCデスクが決まらない・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Phat Phunktion 『You & Me』 『Soul Juice』

Soul Juice Music Soul Juice

アーティスト:Phat Phunktion
発売日:2005/07/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1. Shake
2. Big Al's
3. Chunky But Funky
4. C.J.
5. Chillin' in the Soup
6. Whatcha Gonna Do?
7. Here We Go
8. Sweatbox
9. Love Supreme
10. Modern World
11. Do You Believe?
12. Why?
13. Tell Me

ユー・アンド・ミー Music ユー・アンド・ミー

アーティスト:ファット・ファンクション
販売元:ZETIMA
発売日:2007/02/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1. Untitled (Weekend special)
2. You and Me
3. Higher
4. How Do I Get Your Heart
5. Rocco
6. Rock Star
7. Never Be The Same
8. Intergrity
9. A Little Bit
10. Red Carpet
11. Always
12. Stand Up

【Phat Phunktion】

70年代のクラシカル・ソウル、ファンク、ジャズ・フュージョン等に影響を受けたグルーヴ感満載のマディソン出身のブラス・ ファンク・バンド。

ウィスコンシン大学で音楽を専攻する学生たちによって1996年結成。地元マディソン、シカゴやミルウォーキーなどで精力的に ライブ活動を続ける。

 

最近ずっと聞いてます。

学祭でやったのはもう3年前になるんですね。

テラナツカシス。

Phat Phunktionというバンドは何かとTower Of Power と比較されるようですが、個人的にはメイシオ・パーカー・バンドっぽいかなとか思ってたり。

Roccoなんて曲作ってるくらいだから、もちろんT.O.P.の影響が強いんでしょうけど。

とにかくそういったファンク系が好きなら一押しです。

ファンク以外にもヒップホップなど様々な音楽を取り入れて、日々進化し続けているようです。

『Soul Juice』はもろ70年代系のゴリゴリ系が多くて、『You & Me』のほうはもう少しオサレファンクっぽいですね。

いずれにせよ、かっちりツボを抑えてくる感じがたまりません。

ってか日本来てたのね。

いやぁ、かっこいい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とある夏の思い出。

うpし忘れてた花火の写真。

Cimg3037_r

Cimg3043_r

Cimg3044_r

Cimg3046_r

Cimg3051_r

Cimg3052_r

Cimg3056_r

Cimg3058_r

Cimg3061_r

Cimg3062_r

Cimg3063_r

Cimg3065_r

Cimg3068_r

Cimg3069_r

Cimg3073_r

Cimg3076_r

Cimg3079_r

Cimg3080_r

Cimg3085_r

↑この構図の写真はなぜか毎年分ある・・・・。

ということで楽しかったですね、夏。

エンドレスエイトなんて都市伝説。

今日からアンニュイセプテンバー突入ですよ。

はぁ~~~あ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »