« 脱衣卒業式 | トップページ | ナイスな言い訳を思いついた »

Stan Getz 『People Time』

People Time Music People Time

アーティスト:Stan Getz with Kenny Barron
販売元:Verve
発売日:1992/02/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Stan Getz (ts)  Kenny Barron (pf)

ディスク:1
1. East of the Sun (And West of the Moon)
2. Night and Day
3. I'm Okay
4. Like Someone in Love
5. Stablemates
6. I Remember Clifford
7. Gone With the Wind
ディスク:2
1. First Song (For Ruth)
2. There Is No Greater Love
3. Surrey With the Fringe on Top
4. People Time
5. Softly, As in a Morning Sunrise
6. Hush-A-Bye
7. Soul Eyes

I川氏推薦図書。

ようやく購入できました。

で、最強デュオ。

スタンゲッツ晩年のライブCD。

スタンゲッツについては何の説明もいらないとは思うが、このとき肝臓癌の末期でテナーを吹くたびに激痛が走ったという。

そもそも一年半前には宣告を受けていたらしい。

にもかかわらず、前にまして精力的にライブ活動を行っていたという。

実際にこのライブの数ヵ月後に亡くなっている。

 

相方は今をときめくケニー・バロン。

なんだかんだすごい、ということになったケニー・バロン。

あのジブリ的和音はどっからでてきてるんでしょうね?

もともとチック・コリアのトラでゲッツとやることになったりしい。

 

で、中身ですが、コノCDに関しては、まったく言葉が出てきません。

なんで聞いてみてください。

↑こんな感じで。ラテンっぽいのからバラードまで多種多様なデュオを聞かせてくれる。

こんな曲もやってたり。

テリ・リン・キャリントンがえらいかっこして叩いてる。

ってか超かっこいい。

|

« 脱衣卒業式 | トップページ | ナイスな言い訳を思いついた »

CD紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021358/33993458

この記事へのトラックバック一覧です: Stan Getz 『People Time』:

« 脱衣卒業式 | トップページ | ナイスな言い訳を思いついた »