« Donald Harrison 『Free to Be』 | トップページ | Marcus Roberts 『The Truth Is Spoken Here』 »

George Robert & Kenny Barron 『Peace』

ピース

Music ピース

アーティスト:ジョルジュ・ロベール&ケニー・バロン
販売元:ディスク・ユニオン
発売日:2003/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

George Robert (as ss)  Kenny Barron (pf)

1. Peace

2. I Didn't Know What Time It Was
3. Softly, As in a Morning Sunrise
4. Soul Eyes
5. Tristeza
6. Blue Monk
7. 'Round Midnight
8. Day in Paris
9. Song for Abdullah

ちょっとした話題作。ジョルジュ・ロベールとケニー・バロンのデュオ。

2002年のライブ録音(スイスのジュネーヴ)おもしろいのは販売元がディスク・ユニオン。

今年でジョルジュも50歳になるらしい。一番脂がのってくる時期です。そして1992年のスタン・ゲッツとのデュオで名高いケニー・バロンとのデュオ。

この録音の前にダド・モロニーというピアニストとのデュオでも高い評価を得ています。

ちなみにライナーノーツは、かのフィル・ウッズが書いてたり。

 

1曲目 Peace

アルバムタイトル曲。ソプラノですね。美しすぎる。哀愁漂うメロディーにケニー・バロン特有のコード感がとてもあっている。

3曲目 Softly, As in a Morning Sunrise

おなじみソフトリー。こんなにスリリングでわくわくするソフトリーは聞いたことがない。いろんな意味でハラハラするソフトリーは聞いたことがあるけど。バロンのイントロがネ申。ちなみに前テーマなし。

5曲目 Tristeza

ジョルジュのオリジナルらしい。同名曲なのかな??さわやかなサンバ系の曲です。

8曲目 Day in Paris

これもオリジナル。かわいらしいワルツ。この人はほんとに曲を書くのがうまい。

9曲目 Song for Abdullah

バロンのオリジナル。そしてなぜかバロンソロ。どうしてもバロンの曲はジブリっぽく聞こえてしまう節が・・・・。

 

全体通してですが、このデュオは完璧です。完成してる。

スタンダードが多めなのも聞きやすくていいんじゃないでしょうか。

これは心からオススメできる一枚。

|

« Donald Harrison 『Free to Be』 | トップページ | Marcus Roberts 『The Truth Is Spoken Here』 »

CD紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021358/33277022

この記事へのトラックバック一覧です: George Robert & Kenny Barron 『Peace』:

« Donald Harrison 『Free to Be』 | トップページ | Marcus Roberts 『The Truth Is Spoken Here』 »