« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の13件の記事

下高井戸いいところ

ということでI川さんと久々の下高井戸。

ガツポンうまいよ!ガツポン!

安いし。

ということで『紅トン』というお店は一押し。超絶安い。

 

明日は久々にあの方たちとセッションです。

お暇な方は是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から全力で

CLANNADをプレイします。

何かと評判が高いようですし。

何よりも、、、私が未プレイなのに対して、見ず知らずのC年に『死んでくださいよ』と言われたのがショックだったから。

じゃあやってやろうじゃないの。

あ、18金じゃないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おや??

このテナーはもしや・・・・。

身長が高すぎて、顔映ってませんけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後期定演

もうそんなシーズンですね。

今年は3月13、14日の土日です。

みんなさま、ぜひ見にいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Michel Petrucciani / Home

Cimg1826_r_2

譜面ゲト!

買おうか迷っていた、ペトルチアーニ・ブックを持ってた子が!

サ○ゲ氏感謝。

ということで後期はI川先生、是非よろしくお願いします。

ちなみにBrazilian Likeとかもコピらせてもらいました。

うおーーーー超イイ曲。

泣ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も市ヶ谷、そしてローゲー

Cimg1804_r

Cimg1825_r

Cimg1823_r_2

ということで行ってまいりました、市ヶ谷。

今回はコオロキさんと二人です。

来年はもっと出没してやる予定です。

あ、来る2月13日に法政市ヶ谷ジャズ研の定演です。

場所は東京タック、朝10ごろからスタート。

興味のある方は是非。

 

まったく関係ないですが、私は京王線大好きっ子として23年過ごしてきましたが、ついにやってしまいました。

タイトルでもお分かりのようにローゲー。

これはイカン!と思い、袋をばっちり構えてたんですが、悲しいかな命中率いとワロシ。

股間にダダ漏れ。

京王電鉄の皆様、本当に申し訳ございません。

京王電鉄をご利用したお客さん、本当に申し訳ございません。

隣に座ってた、コウロキ君、本当に申し訳ございません。

お母さん、生まれてきてすいませんでした。

凹む~~~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず

コールマン・ホーキンス(ts)が最強ということになった。

あの歌心は譜面にできねぇ。

買いあさろう。

レスター・ヤングとかも買っとこう。

好みの時代が逆行してる昨今。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロノクロス②

いやいや、普通にかなりいい出来だと思うんですが・・・・。

これははまりそうだ・・・。

結構ルート分岐があるようです。 

フラグゲーなのか?

 

さっき吹いたのは

ジルベルトという覆面レスラー、もとい霊媒師の奥さんがアストラッド

そして「ゲッツ、俺にはわからないよ」

なんてセリフを吐く。

完璧知ってる人の罠ですね。

 

あ、そうだ、今週また武者修行に行こうかな、と思います。

もしそとの大学にセッションにいってみたい!という方、一報ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『クロノクロス』(スクウェア)

試験期間真っ只中ですが、いままで消化できなかったゲーム(積んでるやつ)を消化しよう!ということで『クロノクロス』をはじめます。

Title

Img55354460_2

1999年のまさに世紀末に売り出されたゲームで、私当時中学1年生。

1995年に発売された絶大な人気をいまだ誇っている、クロノトリガーの続編(?)とかで当時、ちょいちょい話題になったもんですが、不思議と私の周りでは、持っている人はいませんでした。

ちなみに私の知り合いで持ってる人います??ぜひとも感想を聞きたい。

ってかキャラデザ鳥山明じゃないんだ。

クロノトリガーは確かに名作と呼ばれるのにふさわしい作品ですが、正直そこまではまってたわけではないので、先入観なくプレイできそうです。(絵的に)

ネットで評価だけ調べてみたら、

・トリガー大好きっ子の評価が比較的最悪、というか叩きまくってる

・特に気にせずプレイした人の評価は中の上くらい

・でも両者とも音楽の評価は最高

という二通りな感じっぽいですね。

 

「最近のゲームは○ボタン連打でクリアできる」byや○も先生

という昨今、あえてPS3、XBOXなどではなく、古きよきPSソフトを発掘していきます。

というわけでまず手始めにクロノクロス。

目標は2週間でのクリア。ネット検索はしません。コピーは(ry

 

ちなみにクロノセクロスでぐぐってみたら、ニコニコ動画のクロノクロス実況プレイのタグに引っかかった・・・。

名案だと思ったんだけど、先を越されてた。

ではそのうち感想を・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎年2回は見てしまう映画。

F5a6d0b28fa0faa652639110_l__aa280_

メル・ブルックス監督の『ロビン・フッド~伝説のタイツ男~』

 

これは名作です。

ケビンじゃないけど許してね、って書いてあるのは、ケビン・コスナーのロビンフッドをパロッた為。

ユダヤ教の割礼を皮肉ったり、ヒロインが鋼鉄の貞操帯をしてたり、ロビンの打つ矢がパトリオットアロー(ミサイル)だったり・・・・。

 

これに出てくる弟王ジョンとは言わずもがな、獅子心王リチャード1世の弟ジョンです。

本来もらうべき領土を親からもらえず、欠地王と呼ばれ、ようやく国のトップになったらなったでフランスのフィリップ2世にフランスにあったイギリス領を根こそぎ奪われ、失地王とよばれ・・・・。

とにかくイギリス史上最も評判の悪い、とても愛いヤツです。

普通○○○何世、みたいに親の名前を受け継いだりするものですが、ジョンという名前は圧倒的に人気がなく、事実上ジョン○世は存在しないとな。

映画中ではロビンフッドが悪代官とジョンを懲らしめたところに、突如十字軍から帰国したリチャード獅子心王が、弟に向かって、「今日から国中のトイレの名称を”ジョン”にする」と言い放つ。

 

ちなみにブービー賞は13C末~14C初のエドワード2世でしょう。とにかく男色を好み家臣は自分の恋人(♂)で固め、結局奥さんと息子にクーデタを起こされ、最後は肛門に焼け火箸を差し込まれ殺害されたという。

すてき過ぎる。

 

話はかなりそれましたが、今日もこの映画を見ながら、浪人時代の世界史のノートと資料集を広げてぼけーっとしてまいました。

ジョンやエドワードについてめいっぱいノートとってたんだなぁ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさびさのセッション

インフル、ゲットだぜ!

ということで熱が一向に下がりませんww

 

昨日I川氏の企画でセッションしたんですが、みんなにうつってなければいいなぁ。

F島さんの代オールスターズ。

Cimg1800_r

Cimg1801_r

Cimg1803_r

写真でもお分かりのように珍しいお二方もいらしてまして。

N平氏の華麗なるプレイを録画したんですが、勝手にデータ消去されてしまいましたwww

次はフルタイムでウィンドウズお願いします。

あと、O森さんが先輩風ブィブィいわせる日を楽しみにしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ceder Walton Trio @Cotton Club in 2010 0107

Ceder Walton Trio @Cotton Club 2nd stage

Ceder Walton (pf) Tony Dumas (b)  Willie Jones Ⅲ (ds)

  1. Without a Song
  2. Time After Time
  3. Voices Deep Within
  4. Lover Man
  5. Another Star
  6. Midnight Waltz
  7. Iron Crad
  8. ??

あ、昨日帰国しましたスズキです。

んで今日シダー・ウォルトン見てまいりました!

ここ数年でジャズライフの『今年のお悔やみ』にビッグネームが結構載るようになってきているので(たぶん)、これは見ておこうと思いまして。

3. Voices Deep Within と 5.Another Starは新譜から。

VOICES DEEP WITHIN Music VOICES DEEP WITHIN

アーティスト:CEDAR WALTON
販売元:HIGH NOTE
発売日:2009/09/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シダー・ウォルトンらしいちゃらいキメが印象的でした。CDではハーリング先生の”テナー”が入ったカルテットなんですが、トリオはトリオでよかったです。

1.Without a Song や 4.Lover Man などのスタンダードもちょいちょいはさまってました。

6.Midnight Waltz はシダー・ウォルトンのオリジナルでもともと好きな曲だったんでこれはうれしかった!

まぁUgetsu やHindsight とかもっと好きな曲はあったんですが・・・・。

8曲目は循環っぽいエンディングテーマ。 

 

正直ベースがちょっと残念な感じでしたが、シダー先生は多少の老いはあるのかもしれませんが、CDからそのまま飛び出したような演奏で満足です!

 

あ、ひとつ朗報があります。

Cotton Club でも学割が使えるようになったらしく、今回も半額の4200円で見れましたヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

今年もよりジャズおじさん目指して励んでいきますので、本年もひとつよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »