« おもろい記事を見つけてしまった。 | トップページ | at the 信年 with OB »

『Them Dirty Blues』 Cannonball Adderley

Them Dirty Blues Music Them Dirty Blues

アーティスト:Cannonball Adderley
販売元:Capitol
発売日:2000/05/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Nat Adderley (cor) Julian Adderley (as) Bobby Timmons, Barry Harris (pf) Sam Jones (b) Louis Hayes (ds)

1. Work Song
2. Jeannine
3. Easy Living
4. Them Dirty Blues
5. Dat Dere
6. Del Sasser
7. Soon
8. Work Song [Alternate Version]
9. Dat Dere [Alternate Take]

僕がとりあえずスランプになった時に聞く一枚です。

そう、みんな大好きキャノンボール・アダレイ。ヴィンセント・ハーリングの先祖様です。

ひいては僕の先祖、ということにしておいてください。

さてアダレイ兄弟のCDですが、キャノンボールといえばWork Song 。Work Song といえばキャノンボール。

ナット・アダレイの作曲らしいですが。

またお手本にすべき素晴らしいソロを取ってます。

2曲目Jeannineは今回のバンド音源だったり。かっこいいです。スタンダードブックにのってるヤツの半音上げですね。

原曲キーはコチラなんですが。

話はそれますが、スタンダードブックにのってる曲ってたまにキーが変ですよね?

I Remember You とか。

Why なぜ?

まぁどーでもいいんですが。

このCDで一番好きなのが6曲目のDel Sasserです。

曲自体はメジャーⅡⅤばっかな進行で若干ビックバンドっぽくダサい曲と思いますが、何がいいってキャノンボールのソロですよ。

これはもうお手本としか言いようのないソロです。

僕はスランプになった時、このアドリブコピーをしてます。

キャノンボールは鉄壁ですね。全く崩れない。この人が現代にいたらどうなってたんだろう。

そういえば、僕がジャズにはまったのも、キャノンボールを聞いてでした。

マイルス・デイヴィスのマイルストーンズって曲。

あのキャノンボールソロは神がかってます。勃起します。いや本当に。

やっぱKing Super 20か・・・・と思う今日この頃。

|

« おもろい記事を見つけてしまった。 | トップページ | at the 信年 with OB »

CD紹介」カテゴリの記事

コメント

ゴールデンボール・アダレイどかだめかなぁ?

Kin Tamaと通ずるものがあるね

投稿: 川村 | 2008年10月25日 (土) 03時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021358/24726554

この記事へのトラックバック一覧です: 『Them Dirty Blues』 Cannonball Adderley:

« おもろい記事を見つけてしまった。 | トップページ | at the 信年 with OB »