« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の24件の記事

初日終了。

1日が長い。

ってか学祭やっぱ4日間はいらねぇ。

自分のバンドが大変なことになってた。

楽器冷えすぎ。

リード潰れてたし。

PAが全然ダメ。クソ。

毎朝9時に逝かなきゃ。

死ぬ~~~。

ってなわけで無事終了。

帰りにケンケン、チン○ンさん、ミチャラ、き~やんで天狗行きました。

軽い打ち上げです。

で、下ネタジャズメンを増やしまくりました。

まぁ暇な時にでも見てください。

明日はホニャララさんバンド。朝から中ステです。

前回のバン練で上手くいったんで気合入れてきたいです。

そーいやダイケさんやナガサカさんも入るみたいです。管楽器どんだけいるんだろう・・・・。

まぁ楽しければいいですよね。

がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日から今日、そして明日!

昨晩はT中の残金が37円、シャオリンの残金が48円ということが判明し、急遽サイゼリアで栄養補給させました。あ、コオロギもいたね。

う~~ん、ペ○バンオジサンとか言ってはしゃいでたような・・・。

その後コオロギ家へ。

OND君オススメの『とらドラ』を鑑賞。

むむむ、全く好きになれない・・・・。

あーゆーのはまだ専門外ですね。

 

んで翌朝(今日か)12時ごろにむくっと起きて二人で学校へ。

学祭準備日。

ゴミのような人がゴミのように集まっていました。

とにかく疲れた~~。

全く去年のようなワクワク感が無かったですね。

いっそ学祭なんかなければいーのに!

な~~んてことは考えず、準備は無事終了しました。

You大さん来てたな。

疲れてたし、人もいなくて帰ってきちゃった。明日に備えて今日は休みます。

~愚痴time~ 

学祭なんて4日間もあるんだから、準備日からがんばって飲まなくてもいーのに。いや、別に飲みに行くのは個人の自由ですが、もう少し後輩とセッションするとかして時間つぶしてからいきゃぁいいのに。

意味不明なセッションやって早々に飲みに行ってしまったF年にはウンザリですね。

というかF年や上級生がそういった空気作りをできない時点でジャズ犬だめです。

これで本番当日すげーーー萎えるような演奏でもされたらどーしてくれよう。

イライラしてネガティブな脳味噌になってますね。

 

明日は中ステが待ってます。気合入れていかにゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白門祭タイムテーブル

1031日(金)

111日(土)

112日(日)

113日(月)

1100

1130

1200

ミヨシのタン

鉛筆HB

1230

堀江バンド

フライミーバンド

澁谷バンド

崖の上のモガミ

1300

クインテット

パチプロ

リーマンbros

千代田サド

1330

session Time !

session Time !

シアトル小嶋ジミヘン

session Time !

1400

沼沼沼

session Time !

オザキバンド

準備

1430

大人の探究

キラキラトリオ

session Time !

準備

1500

青女論×♂3

W.G.P.

session Time !

晴れ男(中ステ)

1530

六道輪廻

これっきり

とりお村

準備

1600

準備

実力主義

アンチトリオ村

スペシャルゲストバンド

1630

準備

session Time !

トリアイQ

クソ盛

1700

セクション9(中ステ)

デートコース

M裸田バンド

1730

こんな感じです。

ちなみに僕はセクション9(中ステ)、デートコース、オザキバンド、クソ盛に出ます。

お暇な方、中大経済学部棟7204教室で演奏してますので遊びにいらしてください。まず体調整えにゃ・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ここにきて・・・・。

体調崩しました・・・。

熱がかなり酷いです。

うーーー

あーーーー

何なんだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

at the 信年 with OB

今日は朝から法政市ヶ谷にまたバン練で行ってきました。

初めて一緒にやるギタリストの方にお会いしましたが、今2年生で僕とタメらしいです。

おぉぉぉ。

そしてベースの市ヶ谷の部長さんは3年生で僕の2こ上。

別にだからどうした、という話なんですが、やっぱジャズ犬ってどこもそうゆう人が集まるみたいですね(笑)

 

 

さてさて学祭間近ですね。今日はホニャララバンドの練習最終日。

若干不安が残る部分もありますが(譜面通り吹かない人がいるとか笑)なんとかうまくまとまった感じですね。

ちなみにホニャララバンドは11月1日の10:00~と17:00~の二部公演に決定です。

是非夕方お越しください。朝は中ステですが作業用BGM、というか夕方のためのバン練みたいなものなんで。

 

 

んで今日のバン練後。

イケダさんとナガサカさん、ツトムさん、OND君で信年に行ってきました。

あそこは相変わらずです。

違うのは看板娘がもういないことだけです。

また行きましょうね~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『Them Dirty Blues』 Cannonball Adderley

Them Dirty Blues Music Them Dirty Blues

アーティスト:Cannonball Adderley
販売元:Capitol
発売日:2000/05/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Nat Adderley (cor) Julian Adderley (as) Bobby Timmons, Barry Harris (pf) Sam Jones (b) Louis Hayes (ds)

1. Work Song
2. Jeannine
3. Easy Living
4. Them Dirty Blues
5. Dat Dere
6. Del Sasser
7. Soon
8. Work Song [Alternate Version]
9. Dat Dere [Alternate Take]

僕がとりあえずスランプになった時に聞く一枚です。

そう、みんな大好きキャノンボール・アダレイ。ヴィンセント・ハーリングの先祖様です。

ひいては僕の先祖、ということにしておいてください。

さてアダレイ兄弟のCDですが、キャノンボールといえばWork Song 。Work Song といえばキャノンボール。

ナット・アダレイの作曲らしいですが。

またお手本にすべき素晴らしいソロを取ってます。

2曲目Jeannineは今回のバンド音源だったり。かっこいいです。スタンダードブックにのってるヤツの半音上げですね。

原曲キーはコチラなんですが。

話はそれますが、スタンダードブックにのってる曲ってたまにキーが変ですよね?

I Remember You とか。

Why なぜ?

まぁどーでもいいんですが。

このCDで一番好きなのが6曲目のDel Sasserです。

曲自体はメジャーⅡⅤばっかな進行で若干ビックバンドっぽくダサい曲と思いますが、何がいいってキャノンボールのソロですよ。

これはもうお手本としか言いようのないソロです。

僕はスランプになった時、このアドリブコピーをしてます。

キャノンボールは鉄壁ですね。全く崩れない。この人が現代にいたらどうなってたんだろう。

そういえば、僕がジャズにはまったのも、キャノンボールを聞いてでした。

マイルス・デイヴィスのマイルストーンズって曲。

あのキャノンボールソロは神がかってます。勃起します。いや本当に。

やっぱKing Super 20か・・・・と思う今日この頃。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おもろい記事を見つけてしまった。

「エロゲー規制」どうなる??

 

アダルトゲームやアニメ、雑誌の規制を求める請願が衆議院に提出され、10月3日に受理された。このことに対しては激しい批判といくつかの反対運動が起こっている。

請願は10499名の署名とともに衆議院に提出されている。署名には「美少女アダルトアニメ雑誌やゲームは、(中略)幼い少女を犯す陵辱シーンが多く有ります」「幼い少女達を危険に晒す社会を創り出していることは明らか」との記載があり、これらの「製造及び、販売規制法の罰則を伴った法律制定を請求」とある。この内容に対し、反対運動の一つ「創作物の規制/単純所持規制に反対する請願署名市民有志」は、「児童ポルノ規制定義のあいまいさ」などの問題点を指摘している。確かに、架空のキャラクターの年齢を特定することは困難で、二次元アダルト作品がすべて規制を受けてしまう可能性もある。

また、署名内容には、アダルトゲームやアニメ雑誌は「幼い少女達を危険に晒す社会を創り出していることは明らか」とあるが、統計的には未成年に対する強姦事件は、60年代や70年代に比べて減少しているのが実態。請願の前提そのものに疑問が残るところだ。

世界的には、アニメなどにも年齢指定が設けられているものの、日本ではバラバラの倫理審査機関の自主規制や有害図書制度に頼っている状態。新しい制度が必要なのかもしれないが、コンテンツの未来を考えれば、規制方法については慎重に検討すべきだろう。「ローゼン閣下」はどう考えているのか、非常に気になるところだ。

https://app.f.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?id=46511676&saved_added=1&blog_id=578202

TGRさん、Knmさん、シャオリン君いかがなもんでしょう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

法政市ヶ谷

今日は法政市ヶ谷にバン練に行ってきました。

市ヶ谷・・・・・超都会ですね。

多摩の山とはワケが違う。

とりあえず路駐と汗臭いおっさんと頭悪そうな兄ちゃんが多くてイライラする町でしたね。

Love Scenes Music Love Scenes

アーティスト:Diana Krall
販売元:Verve
発売日:2004/08/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回このダイアナ・クラールのずばり“Love Scenes”から4曲やるんですが速い曲が全くない。

わりと楽チン!なんて思ってたらバラードが地獄でした。

まぁなんとかバン練は上手くいったんで、本番も頑張りたいと・・・・。

市ヶ谷のC年女子に何人か会ったんですが、良い子ばっかです。

思わずセクハラしてしまいました。

笑顔でヤダァって許してくれるのが嬉しいです。

それはさておき、C年ベーシストとかサックスとか結構ウマイのがいましたよ。

なんでもC年だけで都内セッションハウスに勉強、練習しに行ったりしてるとか。

ジャズは大学から始めたらしいです。

何でしょうね?

そーゆー空気というか環境?って羨ましいです。

僕は内輪で結構満足できる部分が多かったんで。

部室はウチの半分くらいしかないし、人数だって40人ほど(ちゃんと来てるのが20人くらいって聞きました)らしいですが、全体でジャズ楽しもうみたいな空気があってすごく良かったです。

うちもあーゆー感じになれればいいと心から思いました。

また学祭終わったら遊びに行くつもりなんで、興味ある方、連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pat Martino Live

コットンクラブにパット・マルティーノが来るらしい。

00339_4

公演名

PAT MARTINO TRIO
guest artist TONY MONACO on organ
SCOTT ROBINSON on drums

日時

11.1.sat & 11.2.sun

SHOWTIME

Showtimes : 7:00pm & 9:30pm
※11.2.sunのみshowtimes : 5:00pm & 8:00pm

CHARGE

■自由席/テーブル席 : ¥8,400
■指定席/ BOX A (4名席) : お1人様¥10,500
BOX B (2名席) : お1人様¥9,450
BOX S (2名席) : お1人様¥9,975
SEAT C (2名席) : お1人様¥9,450
予約受付開始日 : 10/4 (土)

く~~、見に行きたい!

学祭さえなければ・・・・・。

なんでもオルガンのトニー・モナコってゆう人は、ポスト・ジミー・スミスだとか。

これはよさそう!

中大のポスト・マルティーノ君的にどうですか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポマードポマード

昨晩、バイト終わりに飲んで帰ってきたんですけども、夜に激しい金縛りにあいました・・・。

結構長い時間だった気がします。

でも5分位かな?

金縛り解除のコツというものがあるらしい。知っときたい。

以前金縛りにあったのは、高校の時ですね。

ベットの隣に学ラン着た、死んだ兄様がたってました。

ひぃぃぃ。

守護霊だといいんですが。

とにかく、今日はめっさ調子悪い。

首が重い感じですね。ぐぇぇぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

In This World / Mark Turner

In This World Music In This World

アーティスト:Mark Turner
販売元:Warner Bros.
発売日:1998/09/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Mark Turner(Ts), Brad Mehldau(P), Larry Grenadier(B), Brian Blade(Ds), Jorge Rossy(Ds), Kurt Rosenwinkel(G)

1. Mesa

2. Lennie Groove
3. You Know I Care
4. Long Road
5. Barcelona
6. In This World
7. Days of Wine and Roses
8. Bo Brussels
9. She Said, She Said

最近割と好きなのがマーク・ターナー。ジョシュア・レッドマンにも影響を与えたとか。

なんだろう、ホエホエホエホエホエホエホエ~ってテナーを吹く人です。例えるなら魔法少女系テナーですかね。ショーターとは違う宇宙系の人です。きっと凄いんだろうなぁ、やってる内容はよく分からないけど。

さてマーク・ターナーはCriss Crossにはじめ契約しており、これはワーナーブラザーズなんですね。大分メジャーなレーベルですな。

まぁそれは置いといて、なかなか熱いメンツです。当然ローゼンヴィンケルもいますね。

んで中身はどうかってゆうと、9曲中、6曲がマーク・ターナーのオリジナルですね。

7曲目はスタンダードを挟んでますが、この酒バラ変なところで転調します。まぁ転調Yeahの人なんで、大好きですが。メルドーも思ったより普通に弾いててかっこいいです。

9曲目はビートルズの曲みたいですね。結構かっこよいな。アレンジの力ですかね。8ビートで演奏してます。

個人的には1曲目のMesaとかな~~んか中東の風が吹いている気がしてたまらないです。

5曲目のBarcelonaとかもかっこいいですね。

新時代のジャズを感じさせるようなCDでした。

 

僕はいつも御茶ノ水のユニオンでCDを買うんですが、前回予算オーバーでマーク・ターナーのCDが買えませんでした。まぁその時買ったローゼンヴィンケルのCDに参加してましたけど。

と言うわけで、次は必ずマーク・ターナー捕獲してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩セン飲み

今日はデートコースのバン練でした。

なかなか思っていたより上出来なんじゃないでしょうか?

ただ・・・・・・飽きる。

いい曲(?)なんですが同じような曲でしんどいですね。

ソプラノ厳しい・・・・。

一年前のTOPの惨劇が思い出されます。

ま、ピッチなんて気にしてたら僕じゃなくなると思うんで、自由にやります。

あのソプラノは僕という民族楽器なんです。

西洋音階なんかに当てはまるかっつーの。

 

そのバン練の後、久しぶりに多摩センターで飲みました。

Img_9024

コオロキのオティ○ポを全力で握り潰すヒゲ閣下。

コオロキ君がパーカッショニストになることについて、ジャズ犬ウンコC年3人衆(コオロキ、T中、シャオリン)が討論したり。

今年のC年は勢いが凄いですな。

飲みの後みんなでラーメン食ったんですが、すげーまずかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セクハラ・・・・。

今日のお昼にハラスメント防止啓発セッションをするらしい。

というのも某親指王子ことO谷さんがセクハラ防止委員会の委員長を務めてるとか。

う~~ん、どーなんだろうねぇ?(笑)

ハラスメントの塊で構成されているような僕がその場に立っていいんでしょうかねぇ??

まぁ深くは考えないようにするとして、曲はTin Tin Deoとか Kin Tama とかやればいいんですよね?

せっかくのハラスメント防止啓発キャンペーンなんで、曲のタイトルを女の子に言わせるのも一興かと・・・。

そーいえば、今回の学祭、法政市ヶ谷の人に声をかけていただいて行くことになってるんですが、以前ライブの打ち上げやった時に、こいつとはもう会わんだろ、なんて思って市ヶ谷のC年女子にセクハラしまくった記憶が・・・・。

あ~~~バン練とかで会わなきゃイイけど・・・・。

エッチなのはいけないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Very Special Onetime Performance

V.S.O.P.: The Quintet Music V.S.O.P.: The Quintet

アーティスト:Herbie Hancock
販売元:Sony Japan
発売日:2008/03/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

V.S.O.P.

(Pf) Herbie Hancock (B) Ron Carter (Ds) Tonny Williams (Ts.Ss) Wayne Shorter (Tp.Flh) Freddie Hubbard

1. One of a Kind

2. Third Plane
3. Jessica
4. Lawra
5. Introduction of Players/Darts
6. Dolores
7. Little Waltz

8. Byrdlike

ショーターつながりでV.S.O.P.です。

1977年のU.S.A.でのライブです。このバンドのミソはマイルス・ディヴィスではなくフレディー・ハバードの起用ですかね。

ハーヴィーはじめ4人は全員マイルスバンド第2期黄金時代に在籍してました。

まぁ単にマイルスが療養中だった訳なんですが。

それでもこのクインテットは極限までインプロヴィゼーションを極めようとする感じがたまらないです。

OND君とよくこれがジャズだよね~なんてぬかしてたのを覚えてますが、やっぱり今聞いてもとてもよいです。

トニーはアホみたいに叩きまくるわ、ショーターも宇宙に行ってしまわれるし、ハービーはハービーで自分の世界を作ってしまうし、フレディーは・・・う~ん、天才?だし、ロンは無駄にピッチ悪いし(笑) とにかくそれでも最強のバンドですね。

やってる曲は全部各々のオリジナルです。

意外にトニーが結構イイ曲作ったりしてます。ただトニーのまっ黄色つなぎはダサいとしか・・・・。よく時代を表してるというか・・・・。

とりあえず1曲目のOne Of A Kind がかっこよすぎるアルバムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Footprints Live!

Footprints Live! Music Footprints Live!

アーティスト:Wayne Shorter
販売元:Verve
発売日:2002/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Wayne Shorter(ts) Danilo Perez(p) John Patitucci(b) Braiann Blade(ds)

1. Sanctuary

2. Masquelero
3. Valse Triste
4. Go
5. Aung San Suu Kyi
6. Footprints
7. Atlantis
8. JuJu

ウェイン・ショーターの2001年のヨーロッパツアー中のライブ音源です。

はじめ買った時は、うぉまた変なCDを買ってしまった、なんて思ってたんですが、去年~一昨年くらいに聞き直してはまりました。

ブライアン・ブレイドはもちろんのことダニーロ・ぺレスがすげーいい仕事してます。

5. Aung San Suu Kyi (アウン・サン・スー・チー)とか秀逸です。

それでもやっぱり一番のオススメは6. Footprintsですね。

ショーターの精神世界に引き込まれます。

特に曲の美しすぐるエンディングをきいて、私は感動して一人目頭が熱くなったのを覚えています。

いやぁジャズだよ。

そういえば確か東京ジャズ(まだ飛田給アジノモトスタジアムの頃)にも来ていて、当時高校生だった僕は興味本位で見に行ったんですが、誰が出てもそこそこの盛り上がりを見せていたんですが、ショーターの出番の時は周りのお客さんがかなり寝ていたのが印象的でした。

あぁニルス・ペッター・モヴェルも寝てる人多かったなぁ。

去年OND君とミチャラ君と一緒にVSOPを見に行ったんですが、ショーター先生、テナーはもう重くて吹けん、みたいな感じでした。

それでもソプラノでアウン・サン・スー・チーを吹いてる時はまだまだ健在ってかんじでした。

ショタ爺ちゃん長生きしてほしいものです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ給料日です。

毎月15日は給料日なんですが、今月はHigh C満くらい入りそうです。

T中あたりに奢ろうかな。

そういえば現在総所得累計(年間いくら稼いだかってヤツ)が88満くらいまできており、例の103満まで後僅かです。

そうしてみると10月、11月はそれなりにキープしなきゃならない。

お金は欲しいが稼ぎすぎると扶養からはずれる。

その気になれば月20万くらい稼ごうと思えば稼げるバイトなんで歯痒いですね。

バイトによってはタイムカードを2枚作って名義を借りて二人分で換算する所もあるみたいですが、うちはそーゆーのダメダメらしいです。

う~~~んニューヨークメイヤーがほしい。

アホみたいに高いヴィンテージのマッピを買ってみたいですね。

あまりヴィンテージの善し悪しは分からないんですが(吹きやすいか吹きにくいかでしか考えてないんで)、これだけ高かったならイイものに違いない!もしくはそうであってほしい、とゆう安心感が欲しいですね。

後はリードをうまく選べればセッティング的には完璧なわけですよ。

あとは自分の問題ってことになるんで、練習しまくるはず。

猫も杓子もセルマーMk6にNY Meyerなサックス界ですがやはりそれなりの理由があって、結果としてみんなそれを選んだんですかね。

まぁ僕はYanagisawa992一筋ですが。

 

 

 

 

某OBのO村さんに惑わされKing Super20がほしい今日この頃。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コオロギハウス

この間の金曜日の話。

バン練が8限まであったんですが、その後後輩のコオロギ君の家にお邪魔してきました。

途中痴漢者トー○スにバイトが決まった(?)シャオリンと合流。

コウロギハウスに向かう予定だったんですが、ふと目に入った某中古ゲーム屋。

なんか買ってやってみようという話になり、お題は『安くて下らないクソゲーでもついついやり込んでしまいそうなゲーム』で探して、結局5枚ほど買っていきました。

Img_9014

どれも値段に負けないくらいのクソゲーでしたね。

80円とかのもあったんですが、所詮クソゲはクソゲでしかない。

やっぱりものにはそれ相応の値段が付くのだと改めて感じました。

Img_9017

結局シャオリンは2時くらいには落ちてしまい、その後コオロギさんと二人でずっとパワプロを朝までやっちまいました。目標は田中に勝つってことで相当やり込みましたね。

Img_9020

また練習しに行きます。

土曜はバン練があり、ミラーボールにスペシャルゲスト乱入。ダイケさんのテナーは相変わらず健在(?)でしたね。

その後久々のイケ車で飯食いに行きました。

ダイケさん、アキちゃん、ツトムさん、ご飯ゴチソウサマでした!

そんなこんなで久しぶりに無茶して体が重い今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

う~~ん、今日は寝られんやも(笑)

http://www5d.biglobe.ne.jp/~DD2/Rumor/ul.htm

先程のコジコジの話をネットで探してたらここにたどりついたんですが、まぁ所謂都市伝説を多く集めたサイトみたいで、はじめは面白かったんですが・・・・。

まぁ言ってしまうと恐がりの見たがりですかね?

う~~~~、暗いのと恐いのはめっきり弱いんです(笑)

でもやっぱ下らない話しが多くておもろいなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コジコジ心理テスト

昨晩き~やんとコジコジと大学から歩いて高幡まで帰りました。

その時に話した内容なんですが、コジコジがもってきた心理テストが恐いこと恐いこと。

こんな感じです。↓

『夫婦と子供の3人家族がいて、夫が亡くなってしまいました。その夫の葬儀に参列していた一人の男に未亡人になった妻は一目惚れをしてしまいました。数日後、その妻は自分の子供を殺してしまいました。さてなぜでしょう?』

 

ぜひ皆さん考えてみてください。

んでコジコジにこのテストがなんなのか教えてもらってくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白門祭中ステ!

OB、OG、他大の皆様、僕の知り合いの皆様、コンニチハ。

さてさて10月31日(金)~11月3日(月)まで中央大学の学祭をやるわけなんですが、中央ステージでの演奏の日程が決まりました。

10月31日(金)17:00頃~ スズキバンド

11月1日 (土)10:00頃~ ホニャララバンド

11月3日 (月)15:00頃~ ミチャラバンド

となりました。

是非お時間ございましたら、お越しください。

また今年も7号館経済学部棟での演奏ですが、今年は7204教室でやるらしいんでコチラもよろしくお願いします。

御不明な点ございましたらスズ鬼まで。

それでは!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても三原と飲み!

連日ですよ。肝臓がバカになりそうです。

昨日は三原君と彼のバイト先の先輩であり、僕の小学校、中学校の同期であるコバヤシ先生を迎え、3人で遅くまで飲んでました。

彼凄いです。久しぶりに会いましたけど。

超いい人。

ジャズ犬の人から見ると、まぶしすぎて、自分が汚く見えるようなかんじ?言い過ぎか。

彼も浪人していて、一緒に就活かぁ、と思ってたら彼は大学院に行きたいらしい。

うぉぉぉ、なんか自分てなんだかなぁ・・・・・。

Img_9011

次回は藤島先生を迎え4人で飲むことが秘密裏に約束されました。

ってなわけで、藤島さん今度来てね。

どーゆー反応を示すのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三原家飲み

Img_9010

↑フォープレイのサインとニューアルバム。いーなぁー。

昨日の晩、まぁ三原君の家にお邪魔して飲んでたんですが、こりゃまたチャンポンというか、日本酒新政4合ビン、ワイン一本、泡盛、ウィスキーをものっそい勢いで飲んであけてました。

ちなみに三原君の作ってくれた麻婆豆腐は最高でした。

Img_9008

↑これね。生姜と鶏がらダシがよく効いてましたね。

また近いうちにお邪魔します。今度は鍋やろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Mr. Dodo

Mr Dodo Music Mr Dodo

アーティスト:Rosario Giuliani
販売元:Dreyfus
発売日:2002/10/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Personnel: Rosario Giuliani- alto saxophone, soprano saxophone Pietro Lusso- piano; Dario Rosciglione- bass; Marcello Di Leonardo- drums.

1. ミスター・ドド
2. セプテンバー
3. ホーム
4. バイ・ナイト・フォー・エヴァー
5. ザ・ブレッシング
6. フランシーズ・ソング
7. ソルティエ
8. ザ・カヴァー
9. ミスターF.D.
10. ミミ
11. フロム・ジ・アッシェズ
12. S.O.S

13. ザ・リターン・オブ・ザ・クリーチャー

はい、私の大好きなイタリアンイケメソバッパーです。

天才ですね。うますぎる。ただハードバップを吹くとなんかいまいち?

SOSとかは最高でいたけど。

ジュリアーニの本質は、哀愁漂う,イタリア民謡的な曲をやる時に最高に発揮させられるようです。

リガチャーは相変わらずフランソワ・ルイみたいですね。

あ、最近新譜も出ました。そのうち紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うぅ~~

白門祭めんどくさい。

やんなきゃダメかな?

ダメだよねぇ。

やります。

愚痴ってみました。

あ、明日はバイト先の棚卸しだ。

これまた面倒くさい。

社員とかいっぱい来ちゃうらしい。

別途手当を希望します。

せめて残業代upしろ。

ファック!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »