« 今さらながら・・・ | トップページ | 臨時収入! »

James Carter 『Present Tense』

Present Tense

感想:
James Carterの最新作なわけですが、初めに聞いた時は正直何の感慨も沸かなかったんですが、昨日聞いてて、思ったより良いぞ、ってなわけでして。

おすすめポイント:
特に無いですが、思ったより聞きやすく、変なことをするといっても現代サックスミュージシャンなわけで、そこそこの常識人だと思ってしまう。ヨウツベでライブ版探したほうがおもろいですね。Joshua Redmanとのバトルとか完全にJamesの勝ちっすもん。

Present Tense

アーティスト:James Carter

Present Tense

で、とりあえずレビューらしいことを、それっぽくやってみました。

このCDは今このハード・バップが熱い!みたいなことが書かれてたんで試しに買ってみてがっくりしたCDだったんですが、そーゆーふーに考えなければ、そこそこ内容のあるものでしたね~。

ボサノヴァっぽい曲とか良かったですね。4曲目の『Sussa Nita』が秀逸でした。

フルートとかもやちゃってます。しかし何でサックスプレーヤーってフルートとか持ち替えしたがるんでしょうね??

あ、そういえば8月29日(金曜日)に新宿SOMEDAYにくるらしいです。2ステージ入れ替えナシで¥10000らしいんで金があれば行ってみようと思います。

|

« 今さらながら・・・ | トップページ | 臨時収入! »

CD紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021358/22176471

この記事へのトラックバック一覧です: James Carter 『Present Tense』:

« 今さらながら・・・ | トップページ | 臨時収入! »